PC画面から数字取り出しと音声読み上げの画像処理ツール マーケット見張り用 Win10 動作可
中井技術工房 今なんぼ? Sept.01,2017 改正 Ver11.10 トップ> ここ

メニュー   使用法 | モニタ例 | ゾーン指定方法 | モニタ条件指定 | 読み上げWavファイル | 画面のZ順設定
結果利用法とサンプルソフト1(エクセル製) | サンプルソフト2(VC/MFC製)
対応数字 | 数字判定 | カスタマイズ可
V.Up 情報 | ソフト DL | ガイダンス DL | 使用料 | Vista | Win7 | Win10 | トラブル | マルチモニタでの使用
参照,その他   システム一覧表 | 画像処理準備楽々β | 連絡先

イントロ (本ソフトのトップページ)
「今なんぼ?」って何するもん?

モニタ上の指定ゾーン内の数列を指定インタバルで見張り、判定結果を音声読み上げしたり、ユーザープログラムへデータ提供する画像処理ソフトです。
主にマーケットの見張り用を想定しており、マーケット数値が変化したときとか、指定インタバルで、サンプリング数字を外部出力します。


マーケット見張り用なので、2〜4桁整数限定で、小数点とかは無視します。
+−は指定範囲に入れないでください。

読み上げは時間がかかり、タイミング遅れがこわいので高速処理優先です。

・画面をずっと見ていられない人
・複数の画面を見ている人
・とっしょり
・目の悪い人
・結果を加工したい人

とかの人にお勧めです。


[ 音声読み上げする場合 ]

これが主目的のソフトです。「ながら族」用です。
なお、Wave ファイルが必要です。集め方を示していますのでそれを参考にしてください。

[ ユーザープログラムから利用する場合 ]

結果をCSV DF、もしくはCSV イメージの共有メモリ渡しでき、過去3データを出力します。
ユーザープログラムを用意すると、たとえば
・自動記録
・変化を検出する
・ある値に達したら警告音を出す
といった応用が考えられます。

サンプルプログラム(エクセル製、VC/MFC製)を公開していますので、これを参考にして、ユーザープログラムをお作りください。

将来は共有メモリ渡しをメインにする予定です。

[ マルチモニタでの使用も想定 ]

マーケットを見張っている人はマルチモニタでの使用も多いかと想定して、それなりのプログラミングをしてあります。


Wav ファイルは集めやすくしたぞ!

ガイダンスをDLして見てください。
要は、001.wav〜255.wav は1ヶ所から集め、残りはソフトDLの頁からDLして1ディレクトリに格納すればOKです。
それでもわからんときはメールください。



トップ > 頁トップ