中井技術工房 くたばれジャンクメール トップ > くたばれジャンクメール > ここ

★ウイルス対策ソフトの設定
なぜ設定が必要か?

本ソフトは、ネットを通じたサーバーとの通信のため、そのままでは実行時にウイルス対策ソフトのチェックにひっかかります。
そのままで実行すると、普通、
ネットアクセスしようとしていますが許可しますか? という問い合わせを受けて Y/N Ans をする必要があります。

たまにやるときはこれでもいいですが、毎回出るとだんだん腹が立ってきます。
そこでウイルス対策ソフトで本ソフトのネットアクセス許可を登録してください。


ウイルス対策ソフトの通信許可設定の例

当方では、NTT のセキュリティソフト(実質ウイルスバスター)とウイルスセキュリティを使ってプロテクトしています。
ここでは、NTT セキュリティソフトで設定した例を示します。
他のウイルス対策ソフトでも似たようなものなので参考になると思います。

[ パーソナルファイアウォールの設定1 ]

「パーソナルファイアウォール」のタブをクリックして、「設定」ボタンをクリックすると、次のウインドウが出る。


[ パーソナルファイアウォールの設定2 ]

中ほどの「詳細設定」ボタンをクリックすると、次のウインドウが出る。


[ パーソナルファイアウォールの設定3 ]

「追加」タブをクリックすると、ファイルサーチダイアログが出るので、本ソフト(JMWiper.exe) を探し出してOKすると、許可リストに登録されます。

この手続きに前に、 ネットアクセスしようとしていますが許可しますか? という問い合わせを受けて Y Ans をしていたときは、すでに登録されている可能性がありますので、それは「削除」ボタンで削除してください。

というのも、この方法での登録はどうも中途半端で、有効でないときがあるためです。