中井技術工房 くたばれジャンクメール トップ > くたばれジャンクメール > ここ

★使用法
画面と処理フロー

下図が本ソフトの画面構成と処理フローです。



本ソフトの削除処理後、メールソフトを開くと不要メールが削除され、必要なメールだけが読み出されます。
なお、メールソフトを開いたままにしておくと、本ソフトが読み出す前にメールソフトが読み出して、サーバーから削除してしまいますので注意ください。

主画面と機能

ソフトを起動するとこの画面になります。



この画面で次のことができます。


受信条件設定

受信条件の「設定」ボタンクリックで次の設定画面を表示します。


プロバイダからの資料やメールサーバー情報によって、次の項目を正しく設定ください。
(メールソフトの設定から読み出せばいいかと思われます。)
複数のメルアドがある人は、その数だけこの画面の定義を繰り返してください。
ユーザーID+POP3サーバーアドレスがキーになっています。

パスワードだけは、暗号化されて保存され、本ソフトのいかなる出力にも「******」と表示されます。
修正はできません。かならず再設定してください。



受信処理

「メール受信」ボタンクリックで受信を開始します。
なお、本ソフトでは、削除指令を出さない限り、「サーバーから読み出すのみで削除しません」ので何度読み出しても、メールサーバーにはメールが残っています。

受信リスト表示

「メールチェックと削除」ボタンクリックで受信メール一覧表示します。
この一覧表から一括削除、個別削除、メールによるメール受付条件メンテ等ができます。
詳細は「メール一覧表と削除」のページを参照ください。


受付拒否、許諾条件設定

メールヘッダ部の Subject,From Name/Adr,To Name を判定します。
詳細は「受信メール受付条件メンテ」のページを参照ください。
一番最初は「最初の使用にあたって」を参照して、初期条件を設定してください。


通信記録出力


受信処理のあと、「受信ファイル保存」ボタンをクリックするとこののような画面が出て、つぎのような通信全文をテキストファイルにて出力できます。
まあ、普通はあまり見る必要もないでしょうが、マニアックな人やプロの人など、必要な人はこれを参照ください。




MIME コードなどをそのまま出力していますので、見てもチンプンカンプンなところも多いです。
出力テキストを読むときは、次の点に注意ください。

  • [S][R]は本ソフトで追加した送信、受信マークです。
  • パスワードだけは、「*******」と表示します。 一覧表から個別メール詳細を表示したときは、原文ではなくデコード文を表示できますので、そちらを参照ください。



    トップ > くたばれジャンクメール > 頁トップ