中井技術工房 平面・立体骨組計算W トップ > 平面骨組W or 立体骨組W > ここ

単位系と記号
単位系  単位変換ガイダンスのダウンロード

本システムには単位はありません。 単位の質問が一番多く、意外な感じを受けています。
統一した単位系で入力してください。その単位系で出力されます。

「単位はありません」 と回答するとたいていの人は 絶句 しますが、もともと強度計算そのものは数学的な無次元処理で、単位については「入出力段階での操作」だけの話なのです。
ソフトの仕様から言えば、単位はユーザーまかせです。
基本的に、ユーザーが有次元入力する数値を使って、「無次元化して骨組計算」し、結果を有次元に戻して(=単位を戻して)表示しています。
そのため、入力する長さ、荷重、断面特性(E,Iy,Iz,J,Ax,Ay,Az,γ) 等はすべて、同一単位系で統一されていなければなりません。無次元化するときにくるってしまうからです。

MKS単位系なら、とことんMKS単位系にし、SI単位系なら、とことんSI単位系にしてください。
ふだん、ルール計算、簡易計算に親しんでいる人は注意ください。

本ソフトは、汎用ソフトで、建築等特定分野に限定したソフトではありませんので、特定分野だけに通用する特定数値、特定単位は考慮されていません。

推奨単位系


トップ > 平面骨組W or 立体骨組W > 頁トップ