中井技術工房 立体骨組計算W トップ> 立体骨組W> ここ

計算結果作画・印刷例
結果作画例
作画処理もボタン多用でわかり易くしました。連続サーチ等便利な機能も追加しました。
local 座標系やその部材力も下図のようにELEMごとに成分を選択して、簡単にチェックできます。(Elemサーチ機能)
データ表示画面もサーチ中のGrid,Elem のデータが強調表示されます。
このダイアログから、そのElem をデフォルトとして部材作画プログラムを起動させることもできます。
Elem は、軸力方向によって色分けすることができます。圧縮力がかかってはいけないブレースなどを見つけやすくするためです。
また、作画は一定時間インターバルで、ぐるぐる縦横に回す自動回転機能を設けてあります。
作画画面は、GIF DF として圧縮形式でファイル書込みすることができます。




F,Mt,応力作画にべた塗り選択可

大きさを枠作画するだけでなく、べた塗りも選択できるようにしました。表示色設定メニューで選択ください。
複雑なモデルでも、異常なところを視覚的にとらえられると思います。

圧縮・引張応力


曲げ応力



結果のスポットチェック機能

結果作画でのGrid,Elem を右ボタンクリックすると、クリックしている間、Grid,Elem情報をタイトルバーに表示し、結果を左上にウインドウ表示します。
複雑なモデルではデジタル値をさがすのも大変なために設けた機能です。




結果印刷例(プレビュー)

作画を印刷すると次のようなイメージで出力します。ほとんどこのまま成績書として出力できる品質です。
なお、本図はプレビューを切り出したものでわかり易くするために、F,Mt 矢印をオーバーに表示しています。
複雑なモデルでは、モデルの一部を取り出して表示・印刷(CRT表示と連動)できます。
また、スケーリング値、座標系なども下に表示しています。
透視図 で出力することもできます。




トップ > 立体骨組W > 頁トップ